2021 JCI ASPAC台中大会 JCIアワード「最優秀 LOM個人能力開発プログラム」並びに「最優秀LOM事業」の受賞報告

2021年8月19日(木)から22日(日)にかけて2021 JCIアジア太平洋会議 台中大会(2021 JCI ASPAC Taichung)がオンラインで開催されました。

JCI ASPACとは、JCI(国際青年会議所)に所属する世界中の各国家青年会議所が、エリアA(アフリカ)、エリアB(アジア・太平洋)、エリアC(北米・ラテンアメリカ)、エリアD(ヨーロッパ)の4つのエリアに分かれている中、JCI日本が所属するエリアBで開催される会議のことをいいます。コロナ禍でなければ毎年国内外から約1万人の青年会議所メンバーが参加する大きな大会ですが、今年のJCI ASPACは台湾にある台中市で開催されました。

この国際大会の舞台で、世界中の青年会議所が各年に行った事業を表彰するJCIアワードに、JCI金沢(金沢青年会議所)の事業「子どもたちの可能性を生み出す未来教育」がノミネートされ、選考の結果、「最優秀 LOM個人能力開発プログラム」賞を受賞することができました。

この事業は、プログラミング教育・心の教育・販売実演教育・食文化教育の4つのプログラムを通して、子どもたちの「自己肯定感」「考えやり抜く力」を育み、子どもが自身の力でより良い人生を歩めるようにすることを目的に実施したものですが、各表彰事業の中のベストオブベストを決める「最優秀LOM事業」賞も併せて受賞することができました。

ご協力いただきたました皆様に対し、改めて御礼申し上げます。

今後も金沢から日本・世界へ社会をよりよく良くする運動が広がるよう、引き続き邁進してまいります。